カードローンを利用する専業主婦は多くいますが、2010年6月1日以降は、消費者金融の利用ができなくなっています。
限られた予算の中で家計のやり繰りをしている専業主婦もいると思いますが、借りれるローンと借りれないローンの違いを理解しておく必要があります。

まず、専業主婦が消費者金融に申し込めない理由は、総量規制が始まったからです。

総量規制というのは、消費者金融や信販会社などの貸金業者が「過剰な貸付」をしないようにするための規制です。
具体的には、「原則として、年収の3分の1まで。」の融資しか認めない、という内容のものです。
年収300万円の方は100万円までの融資が可能ですが、本人に年収がない専業主婦については、1円も借りれないことが分かります。

そのため、専業主婦がお金を借りるときは、総量規制の影響がない「銀行カードローン」を選ばなければなりません。
銀行には、総量規制のようなものがありませんので、独自の基準で専業主婦にも融資する場合があるからです。
ただし、すべての銀行が専業主婦に融資しているわけではありませんので、バンクイックや三井住友銀行カードローンのような、利用できるサービスを選んで申込む必要があります。

さらに、即日でお金を借りる必要があるときは、できるだけ早めに審査を開始してもらうことが重要なポイントになります。
最短30分でカードローンの審査が終わることもありますが、真夜中や早朝にローン審査が受けられないので、注意するようにしてください。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja